ケータイ小説 野いちご

それから。〜不機嫌な先輩と不器用恋愛〜

危険な香り




「なかなか良かったね」


生川先輩と映画を観終わったあと、カフェで一休みしていた。


「はい」


生川先輩と向かい合わせに座って、オレンジジュースを一口飲む。


男の人とデートをするなんて初めてで、なにもかもがどきどきだけど、生川先輩はスマートにわたしをエスコートしてくれる。


そんな先輩のことを、すれ違う人たちが「かっこいい」ってひそひそ話しているのが聞こえてくる。


そんな人と自分がデートしてるなんて、正直、まだ少し信じられなくて。


そして、そんな人とデートしてるのに、頭の中では浅野先輩の言葉が離れなくて。


ついつい、考え込んでしまう。


< 120/ 305 >