ケータイ小説 野いちご

∮ファースト・ラブ∮

∮***愛おしい君を想って・・・。



∮***

Side:
    .+*麻生 久遠*+.
    .+*Kuon asou*+.










ぼくは確かに、手鞠(てまり)ちゃんに口づけをしたと思った。


手鞠ちゃんのやわらかい唇に、微かだが、触れたと……思った。






だが……………彼女は――――――。






『ありがとう』






満面の笑みを浮かべ…………。








ぼくの両腕をすり抜けた。



今、ぼくの腕には、彼女を包んでいるであろう体も、何もない。











――――間に合わなかったんだ。












< 233/ 278 >