ケータイ小説 野いちご

きみとあたしのモノガタリ

友達

次の日になり
朝から登校した

早すぎたせいか、教室はまだ開いてなかった


あたしたちの教室は4階にあり
1階に下りて隣の校舎
の職員室に鍵をとりにいかないといけない

めんどくさくなったあたしは
廊下で誰かがあけてくれるのを待っていた

< 5/ 117 >