ケータイ小説 野いちご

♥恋と事件簿♥

第二部 ③〜権力〜




「大変!大変!大変だよーっ!!;;」



「七星、あんた何歳なの?私のランチが傾くでしょ?」



「そんな事より、大変なんだよ!!」



9月に入り、1週間。

相変わらずクールビズでポロシャツながら、日焼け対策はばっちり。

最近は首の傷が日焼けで浮かないように、UVカットのネックカバーまで付けてる。

通販で見つけて、白と黒の2色でアームカバーと合わせて3千円ちょっとで一目惚れ。

みんなには呆れられたけど、暑くもないサラサラとした生地で私はお気に入り。

暑さが引くまで止めるつもりはない。

襟元を直し、七星に買って来て貰うように頼んだコーヒーショップのサンドイッチが傾いて崩れてないか確認。

ここのはフランスパンで横向きに入ってるし、容器が少し大きいせいか崩れやすいのに。

何とか無事らしい為、臼杵が淹れてくれたアイスコーヒーを手前に寄せて、昼食タイム。

通常は4等分に切られてるけど、私はいつも6等分の一口半のサイズにして貰ってる。



「俺の話を聞いて!!」



大口を開けて齧り付こうとしたのに、七星により阻止された。

間抜け面で睨みながら七星を見ると、「どうしたんだよ?」と、斗真が近付いて来た。



「叔父さんがやっちゃったらしいよ!!」



斗真に組まれた肩に回された腕も気にせず、私と斗真に叫ぶ。

叔父さんは……うちの父親だろう。

けど、あの人が何をやらかすと?

< 75/ 218 >