ケータイ小説 野いちご

俺様天使とのキスまであと指輪一個分。

第四章 14歳


「きゃあ!」

台所でネギを切っていた蒼ママが、背後の気配に気づいて叫んだ。


「ちょっとお、帰ってるならただいまくらい言いなさいよね」

「あ…うん…ただいま」


蒼はふらふらと冷蔵庫の前にたどり着くと、麦茶の入った容器を取り出してコップに注ぐ。


「今日のお昼はそうめんだけど、いい?」

「あー、まだいいや…ちょっと昼寝する」


蒼は、コップに溢れんばかりに入ったお茶を無理やり喉に押し込んだ。


「今日は日差しが強いから。疲れちゃったんじゃない?」




< 84/ 353 >