ケータイ小説 野いちご

純情☆デビル

†第2章† 認めぬ存在
☆不安な決意☆ 《Side -Ayu-》

「取消しなさいよ……」


「………嫌」


「勝てっこ無いでしょ!!」


「万が一って事もありうるでしょう!!」


人間界での修業、2日目の朝。


空はキレイな青空で、太陽も明るく輝いている。


こんな爽やかな日の朝っぱらから、私はヒャイヌの小言を聞かされていた。


「無い!絶対無い!!」


「やってみなきゃ分からないっしょ!!」


飲んでいたリンゴジュースが入ったコップを、テーブルに叩きつけた。


「ヒャイヌ、私のパートナーなら応援してよーーー!!」


私の頼みにも、ヒャイヌはツーンとそっぽを向く。

< 81/ 467 >