ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

昼休みは図書室へ 【完】

松村くんの彼女

制服は夏仕様から冬仕様へ変わり、外はとても寒くなった。


「違うよ、これはYを代入して、あ、うん、そう!」

「スゲぇ、橘の教え方、とっても分かりやすい!」



“橘”

呼ばれる度に、ドキドキが大きくなる。


「これで俺、今回は点稼ぐことできるかも!」

「うん、お互い、頑張ろうね!」



――数学を教えてた時だった。


図書室の扉の所に、一人の女の子が立っていた。


…見たことある。

赤毛の髪がフワフワで、とっても目が大きい子。




「………結斗」


私がボーッとしてる内に、私達が座ってる目の前に、女の子は来ていた。



「……ひどいよぉ。結斗、私を一人きりにしないって約束したじゃん…」


いきなり泣き始めたその子は、私をニランだ。



「アンタが結斗を誘惑したんでしょ?最っ低!」


バチンっ

ピリピリした痛みが、頬を襲った。


殴られ…た?


「行こ、結斗」


ああ、松村くんも行っちゃうよね。

やっぱり、馴れ馴れしいんだよ、私。



「謝れよ。橘に」

恐る恐る下げていた顔を上げると…


目の前には松村くんの背中。



< 17/ 215 >