ケータイ小説 野いちご

昼休みは図書室へ 【完】

私の日課
縮まる距離?


初めて話をしてから一週間がたった。


…松村くんは、まだ図書室に来ていない。


もう、あの約束、忘れたのかな。

勝手に約束だと思ってる私が馬鹿なのかな。


松村くんには、彼女がいる。


でも、こりずに毎日図書室に通う私も、すごいな…



そして今日も、四時限終了のチャイムがなった。


図書室の前に着いて、ゆっくり目を閉じた。


来てますように。

話ができますように。


ゆっくり目を開け、図書室の扉をあけた。


ガラガラ…


――いない。

今日もか…。

諦めの気持ちが生まれる自分に腹が立つ。

“おすすめの本を、教えて!!”


馴れ馴れしかったんだよ。
見てるだけでいい、って自分に言い聞かせてた時にもどりたい。


――その時だった。

「…!!いた!!」


前に、一回だけ聞いたハスキーな声。


その声が、泣きそうな私を救ってくれたような気がした。


「…松村くん」

「今日からさ、また図書室に来ることにしたんだ。だから、おすすめの本、紹介する」


ポカポカって体が温かくなるのが分かる。

やっぱり、好き。


「俺が読んでるのは、この本。ミステリーなんだけど」

< 14/ 215 >