ケータイ小説 野いちご

親友の彼氏に恋をした。


親友の本心




あれから約1週間が過ぎ....。



ある日のこと。奈保に呼び出された私。




「日菜子!久しぶり~!!」



奈保。前に会った時より


綺麗になったみたい.....。



「奈保、前はごめん。」



「ううん、私もごめん.....実はさ、私まだ廉造のこと好きだったの。今は違うけど。」




え…?




「ど、どうして別れようって…。」



「日菜子がいたから。」



え?






私?




< 32/ 41 >