ケータイ小説 野いちご

胸を揉んだら大きくなったよ!

ふたりの


季節は秋

風が冷たくなってきた、今日この頃…

俺、春野輝幸(ハルノテルユキ)はベッドの中にいる

今日は土曜日…
面倒くさい学校が休みの日

だから、俺はお昼過ぎ位までベッドから出る気は無い


そう、無かったのに…


「輝ぅぅう!」


俺の名前を呼んで、扉を勢いよく開けて部屋に入って来たのは、俺の幼なじみ兼許嫁

田村葵(タムラアオイ)だった

起きていたが、ベッドから出るのは面倒くさいので、狸寝入りをする俺


「輝、寝てるの?」


そうだよ
寝てるから、そーっとしといて

俺は心の中で、葵に言った


< 1/ 48 >