ケータイ小説 野いちご

好きと言えない。―悪魔と恋―【完】

悪魔の不在




「葛西…12部コピーしてくれるかな?;;」



「はーい…」



生気を失って3日。

歩斗が出張になって3日。

…つまんない。

寂しさより、退屈さが募る。

後4日は続く。

1週間も出張なんてイジメ!

私も連れてってくれれば良かったのに。

コピーを終え、クリップで纏めてから課長に渡した。



「外回り、1人で大丈夫?;;」



嵯峨さんが、心配そうに私を見る。

昨日までは、嵯峨さんと回ってたけど、今日は一軒だから、1人で行くと告げていた。

その為に、親のワゴンRも借りて来た。

< 57/ 201 >