ケータイ小説 野いちご

好きと言えない。―悪魔と恋―【完】

悪魔と下ネタ男




【Leon】の前。

私は歩斗の後ろを離れぬように、店内へ入った。

歩斗に気付いたオーナー、美容室では“先生”と呼ばれる人物が来る。



「初めて、葛西です」



「大木ーオオキーです。よろしくお願いします」



名刺交換をここでもしていると、「葛西!」と、聞こえた。

…シカト。

シカトだよ、私!;;



「まさか。俺に黙って処女、卒業した?」



…デカイ声で何を言う。

私は近付いて来た中町を睨んだ。



「元気?相変わらず鎖骨が綺麗で舐めたいよ」



…うえっ!

本気で吐きたくなる。

< 51/ 201 >