ケータイ小説 野いちご

【完】貴方が居たから。

恋に落ちた瞬間。
大人との恋




場所を移した喫茶店。

オフィス街にあるだけあり、スーツを着た人たちばかりで私と梢は完全に浮いてる。

諏訪さんがかなりご立腹。

コーヒーに入れた砂糖を混ぜるスプーンの手が荒い。



「何で怒ってるの?」



小春は自分が原因だと気付いてない。

諏訪さんは本当に出勤していた。

疑われただけではなく、約束もあったらしいけど、先輩に1人で行って貰ったとか。



「わからないのか。お前、社会人と付き合うの向いてない」



浴びせられた言葉は、何気にキツい。



「俺は高校生みたいに暇じゃない」



関係ない私でもイラッと来る。

< 61/ 200 >