ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】

第二章【そして世界が変わった】
裏切りの疑い



「只今もどりました。」


私は障子を開け沖田さんの背中に向かって言った。



「おかえり。どこに言ってたの?」


「えっと…いろいろ…」



空気が…いつもと少し違う。


「曖昧だね。行った場所をちゃんと教えてよ…それとも僕には言えない秘密の所に行ってたの?」


言葉がまるで研いだ刀のように鋭い。



「いや…別にそんな訳じゃ…」


「君は長州の間者じゃないんだよね?」


沖田さんは私の方を向いて座り直した。



「はい。それは絶対にありえません。」


それだけは言える。

はっきりとコクンと頷いた。












< 97/ 264 >