ケータイ小説 野いちご

白いジャージ7 ~先生とプールサイド~

第1章
クリスマスの思い出



-クリスマスの思い出-




帰り道に、去年のクリスマスの話をした。






「クリスマス楽しかったね。あんなパーティー初めてだったから嬉しかったな」




「そうだな。大勢集まって、盛り上がったもんな」







◆◆◆





雪が降りそうな寒い夜。



お気に入りの白いセーターを着た。



先生もクリーム色のタートルで、ちょっとだけお揃い。





「その扮装は、ありえないな」




サンタクロースの格好をして登場したたっくんに先生からの一言。




「え~!盛り上がると思ったのに」





しょんぼりするたっくんにゆかりが走り寄る。





「ちょっと中途半端なんじゃない?ヒゲをつけるとか」



「そうそう!帽子も必要じゃない?」







肩に担いだ袋の中には、ワインとチーズ、お菓子がたくさん入っていた。




今日は、クリスマスパーティー!!










< 12/ 366 >