ケータイ小説 野いちご

シュガースパイス

君を見つけた


――…




「それじゃ、みんな!今日は飲め!俺のおごりだ!」




課長の言葉に“ワーッ!”と騒ぐ社員達。




俺は特に騒ぎもせず、呆然と目の前にあるジョッキビールを飲んでいた。




「課長っ!奥様まだいらっしゃらないんですか?」




歩が興味津々に課長に聞く。




「おぉ、もうすぐ来るはずなんだが…あぁ来た来た!おい!結菜!」




課長の声に社員達が振り向く。




俺もチラッとそちらを見る。




「遅くなってごめんなさい。待った?」










――目を奪われた。




綺麗な顔立ちに、色白の肌。
華奢な体付きに、ピンク色の唇。



サラサラのロングヘアの黒髪が、より一層、彼女の美しさを際立てている。




「うぉーーっ!めっちゃ美人!課長羨ましすぎっすよ〜!!」




野郎どもがガヤガヤと騒ぎ出した。




今まで俺は女に見とれることなんか、なかった。




適当に近寄ってくる女の相手をして




自分の欲求だけを満たしていた。



けれど…




俺は今、初めて女に見とれた。





< 11/ 90 >