ケータイ小説 野いちご

心から愛して。

‐2‐
・心配してくれる人

放課後、担任に進路希望調査を出した。

どこの大学行くとか、そこまではまだ考えてないけど…。

やりたいことを、これから見つける。

そう決意して、昇降口に向かった。



あたしが、上履きからローファーに履き替えようとしたとき…。


「よっ」






< 64/ 433 >