ケータイ小説 野いちご

余命一カ月の僕

余命30日

春の小川。


気持ちの良い一日。


そして橋の上で
川を見つめる僕。


ひとりだけ冬に取り残されたみたいに
僕は暗い顔。


きらきらひかる。


川はきらきら光ってる。





< 1/ 231 >