ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

勿 忘 草 ー記憶喪失の恋ー【上】

**第二章**
私立聖陽学園



「いいですか?絆奈さんは3週間遅れて高校に入学するのです。遅れた分は必ず取り返すのですよ?」


「はい、伯母様。」


「よろしい。」


今私は伯母様と私立聖陽(せいよう)高校の校長室にいる。


結局昨日は仮病で亜蓮とのお出かけを休んだ。


ドアの鍵も二重ロックして一日中引きこもり。


つまんなかったけどあいつと二人っきりになるよりはずーっとまし!


パソコンでニューヨークの友達とメールしてたし…


< 44/ 371 >