ケータイ小説 野いちご

俺様男に心乱れて

番外編
ホワイトクリスマス

ノーザンアイランド社の最上階にある社長室。

藤堂倫子はソファーに深く腰を掛け、ミニのタイトスカートから伸びる艶めかしい脚を、惜し気もなく晒すように組んでいる。

「愛してる?」

「ああ、もちろん」

ソファーの背もたれに腰掛けた亮介は、事もなげにそう答えながら、腕時計に視線を走らせた。

「小枝子さんは幸せね」

「だといいけどな」

「ねえ。どうして小枝子さんを好きになったの?」

『どうして私じゃダメだったの?』と続けたい気持ちを倫子は抑えた。

「何だよ、いきなり…」

実は当の小枝子からもそれを聞かれて答えに困った事があった。

小枝子のよい所ならいくらでもある。美人だしプロポーションはいいし、性格は優しいし、家事はよくやるし、真面目なのにユーモアがあるし、元気で明るいし……

< 179/ 190 >