ケータイ小説 野いちご

偽者お姫様

そして 歯車は廻る
♯ プロローグ



どんよりとした分厚い雲が燦々(さんさん)と煌く太陽を、透き通るような青空をまるで妬むかのように隠す。まるで悲しむかのように、灰色の雲から流れ落ちる雨粒は、とても冷たかった。

( お前だけでも生き延びろ )

弱々しい笑み。掠れた声。脳裏に過る、彼の残像。血塗られた少年少女の姿が、残酷なその姿が胸の中を襲い、悲しさの渦に溺れる。
けれどもう、涙は枯れてしまった。

「S-02は必ず捕まえろ!」

誰かの怒号が響く。薄暗い、気味の悪い木々の中でこだまする銃声と足音。

( ごめんね )

懐かしい少女の声が、聞こえたような気がした。
切なそうに笑みを浮かべる、三人の少年少女たち。

「みんなっ……」

冷たい雨に打たれながら、彼女は痛いと泣き叫ぶ体を、足を無理やり動かす。
首からかけているふたつのペンダントを握った。

私のせいだ。

胸の内で呟いた、その刹那。より一層大きく聞こえた銃声。
気付いたときには体はバランスを崩し、崖の向こう側にいた。

曇天は依然雨粒を零す。煌く太陽、透き通る青空。
まるでそんな姿になりたかったと、泣き叫ぶかのように。

まるで私ね。

彼女は嘲笑うように、小さく笑った。


< 1/ 92 >