ケータイ小説 野いちご

白虎連合最終章

seasonⅢ
乱れる心









舞い落ちる雪は街を雪化粧へと変えていく。

それでもまだ、雪が降り止むことはない。








「……………」









公園に入りバイクを止める。

そのまま遊具のある場所まで歩き出した。



積もりたての、真っ白な絨毯。

それをザクザクと踏んで。






立ち止まった。












「龍」


「…………」


「風邪引くで」









見下ろし、ブランコに座っている龍に声を掛ける。

金髪の髪にも少し雪が積もっていて。




本当はそんなことを言いたいんじゃない。

けど、言葉が出てこない。









「帰ろ?」










触れた手は、とても冷たい。










.

< 125/ 331 >