ケータイ小説 野いちご

華〜ハナ〜Ⅰ【完結】

桜華
侑希の体調不良







パチッ……………




私は目を開けた。







何か…

夢を見ていた気がする。












私が目を覚ましても、さっきと何も変わっていない。





「あれ、侑希ちゃん。寝てなかったの?」





嘉が顔をあげて私に言った。




どうも私はそんなに寝ていなかったようだ。




結構寝た気がしたんだけど。




やっぱり午前中に寝ると深く眠れるのか…。



そう思うとなんだか胸が苦しくなった。





もうそろそろこの生活に慣れてもいいと思うのに…



どうも慣れられない自分がいて苦しい。




高校生として生活をすることも仕事の内に入るというのに。




私は早く、この生活に慣れたいと思った。







< 164/ 417 >