ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

雪花-YUKIBANA-

第二章
桜の木の下



それからも僕たちは、ともに日々を過ごした。

積み重ねた、という言い方のほうが正しいかもしれない。


ひとりだとただ流れていくだけの日常が、
そこに彼女がいるというだけで、僕の心にやさしく降り積もっていった。


そして僕らは冬を越した。


ベランダの鳥の巣が騒がしくなり、
コタツが仕舞われ、
僕の部屋のカーペットは涼しげな麻のものに変わった。


いつしか僕ら以外の人間も、動物も、そして町並みも春の装いになり、
ピンク色の花を目にする機会が増えた。


例年より早い開花の知らせが、ニュース番組を華やがせている。


季節が移ろいゆく。


彼女はクリーニングの袋からセーラー服を取り出し、しばらくそれを見つめる。



「桜子の制服姿も、今日で見おさめだな」


コーヒーを飲みながらつぶやくと、桜子は皮肉めいた笑顔で僕の方を向いた。

< 83/ 348 >