ケータイ小説 野いちご

雪花-YUKIBANA-

第四章
運命の糸


寄り添えばいつかは

ひとつになれるような気がしていた。



目を閉じて触れ合う

僕たちの世界は


とてもとても

小さかった。





< 192/ 348 >