ケータイ小説 野いちご

地味子の秘密 其の五 VS闇黒のストーカー

*第壱章*
†お茶会は反省会

――杏樹Side――


4月の終わり。

お茶をするには持ってこいの午後3時。

だけど……。


「あーちゃん、美味しかったね」

「う、うん……」

「繭ちゃん……お腹痛くないの?」

「全然!」

柚莉とあたしは、目の前にいる女の子の食べっぷりに、驚かされていた。


「ケーキ40個も、どこに入っていったのかしら?」


柚莉の呟きに、多いに同感である。


あたしたちが、繭ちゃんに驚かされたのは──……ケーキバイキングで完食したケーキの個数。



………陸が甘えん坊になり、一度は約束を延期していたケーキバイキング。

3週間程遅れて、本日ようやく来ることが出来た。

柚莉とも来たいと思ってたから、誘って3人で来たんだ。


ちなみに、陸は繭ちゃんと出掛けると聞いて……かなり拗ねてた。

< 54/ 622 >