ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿14/隙間女の視線

今すぐ戻れ

「厚さ数ミリの女か…」

達郎は唇を尖らせた。

「都市伝説にあったな。数ミリの隙間に潜んでいて、目が合ったが最後、異次元に引きずり込まれてしまうとかいう話だ」

「なんでそんな話、知ってるのよ」

あたしはハンカチを取り出した。

手のひらが汗でびっしょりだったからだ。

「まぁ雑学の一種だ」

それにしても、と達郎は笑った。

「オバケ嫌いのレミが、よく最後まで話を聞いてられたな」

「仕事じゃなかったら聞いてなかったわよ」

思い出しただけでも背筋が冷たくなる。

けして店内の冷房のせいじゃない。

あの場に岸警部が戻ってきてくれなかったら、たぶん叫んでただろうな、あたし。

「それで、怪談話を聞かされて終わったのか?」

「警部が引きあげようってほのめかしてきたもんで」

大ウソ。

本当はあたしが警部をせかしたのだ。

何事もなかったかのように、淡々とあたしたちを見送った範子がまた不気味だった。


< 15/ 37 >