ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿14/隙間女の視線

デパ地下

街中のうだるような暑さから一転、あたし日野麗美は冷房の効いた楽園(パラダイス)へ入った。

ここは銀座某老舗デパートの地下食品売り場。

いわゆるデパ地下。

楽園と呼ぶのは大袈裟かもしれないが、あいつにとっては楽園だろうな。

壁に貼られたポスターの「半熟スイーツ大特集」という文字を見ながら、あたしはそう思った。

探している人物はすぐに見つかった。

白いシャツにネクタイ。

黒のスラックスのポケットに両手を突っ込んでうつむいている。

いつもの憂いを含んだ瞳は、夕闇の摩天楼から下界を見つめて…はおらず、ショーケースの中の半熟スイーツたちを見ていた。

「半熟スイーツって色んな種類があるのね」

あたしはその人物の横に立った。

「レミ、どうしてここに?」

甘党の従弟、月見達郎は、ほんの少しだけ驚いた声を出した。

「梅谷さんに訊いたら、ここだって言うから」

達郎の家に長年通うお手伝いさんは、丁寧に教えてくれた。


< 1/ 37 >