ケータイ小説 野いちご

雨の中で君を待つ。〜詩集〜

永遠という孤独





僕は1人ぼっちだ。

永遠に寂しく1人なんだ。

たぶん、いや絶対。



ある日、ふと寂しくなって
涙がぽろぽろと溢れた。



すると、僕の下にいる人達が
みんな傘をさす。


僕の涙を鬱陶しそうにして
僕を見つめる人もいれば、
喜んで、楽しそうに笑う人もいる。


涙は溢れて止まらない。
永遠が怖くなって消えたくなる。


けれど、そんな事は出来なくて
ただ、ひたすらに泣きながら
明日を迎える。


そして、涙も止まり
涙で青く染まった僕の姿を
人は“晴れ”と呼ぶのだ。





< 3/ 12 >