ケータイ小説 野いちご

素敵すぎる上司

上司とお買い物

そして土曜日。


お昼前に香取さんが家にやって来た。今度は忘れなかったみたい。


香取さんの買い物に付き合うべく、私達は香取さんの車でショッピングモールへ行った。


香取さんは郁美も誘っていたけど、郁美は用事があるからと言って家で留守番をしていた。

郁美はたぶん私に気を使ったんだと思う。用事があるなんて事、一言も言ってなかったから。


大きな買い物はベッドと蒲団だけ。テレビとかは要らないらしい。狭くなるのが嫌みたい。


もっとも、ベッドはダブルサイズにしたので、それだけで既に狭くなるんだけど。


後は小物類。香取さんは生活感がないのか、面倒臭がりなのか分からないけど、全て私に任せきりだった。


ショッピングカートに乗せきらないほどの買い物をした。


「ふうー、こんなところかなあ」


「終わったかい?」


「他人事みたいに言うけど、香取さんの買い物なんですからね!」


「ごめん、ごめん。ちょっと、そこを覗いてみようよ?」


香取さんが指差したのは、婦人服の専門店だった。


< 79/ 217 >