ケータイ小説 野いちご

野生的王子サマと期間限定の恋

第一章
初めまして、山下友梨恵です


――――――――――――――――――
―――――――――――――
―――――――


3ヶ月前。


わたし――――こと山下友梨恵(ヤマシタユリエ)は、パパから人生最大のビッグニュースを聞いた。




「友梨恵、お父さんダッサラしたぞ!!」

「え?」


今、何と??




ダッサラ。

ダッ皿?

意味分かんないわ。皿が何をしたって言うのよ。



ダッサラ。

ダッサーら?

ダッサーい! ……何が?
っていうかもしそうなら『ら』いらないじゃない。



…………パパ、わたしの頭では理解不能だわ。



「『脱サラ』だよ! よーやく夢のマイホームが手に入るんだよ~◊◊」

パパがあさっての方向を向いて神様に拝んでいる……と思う。

どんだけ夢だったの~ってカンジ?



「へぇ~、よかったじゃないパパ。
……え? 『脱サラ』??

え、えぇぇ――――――――――っ!?」


パパが?

あのパパが!?


へこへこしてたのに……出世したの!?


「オドロキだろう? パパもびっくりしちゃった!」


『びっくりしちゃった』じゃないわよ!

わたしなんか心臓飛び出るかと思ったわ!


102回転校するよりも早く脱サラしなさいよね!!



「な、なら……もう引っ越し先の高校にずっと居れるの??」








< 5/ 12 >