ケータイ小説 野いちご

ベストラブ

第1章*片思いのはじまり…!?
2人の絆…。

『夏……夏っ!夏海!!』

誰かの声で目が冷めた。裕也だった。
(裕也……大スキ。)

「………。」

「って!!裕也!?」


夏海は驚いて目を冷ました。

(何で裕也がいるんだぁ!?へっ?なんで?…)
一瞬パニックになった夏海だった…
デモすぐに言ってみた。
「なんで裕也がここにいるの!?」

『そりゃオレが聞きてえよ!!』

裕也は少し怒って言う。

「……。だって、だって裕也が…。」

泣きそうになりながら喋る夏海を見た裕也は優しく胸に抱き寄せた。

「…ゆーや?」

< 26/ 136 >