ケータイ小説 野いちご

花よりも美しく

父親嫌い



8月の半ば、約束していた通り、月子は真子と会っていた


「まぁ、園村さんとお出かけするの?」

「多分。・・・忍さんの気が、変わらなければ」


お茶をしながら、月子は小さな声で答える


「どこへ行くの?」

「知らないの。聞けなくて・・・」


あのあと、聞こうとしたのだが、忍が鋭い目付きで睨んで来たので、聞こうにも聞けなかった


「そうなの?園村さん、優しそうな方なのに」

「それは・・・」



< 78/ 361 >