ケータイ小説 野いちご

花よりも美しく

向日葵が咲く頃に



もうすぐ夏休みがやって来る

学校が終わり、隣の席の真子がそう教えてくれた


「月子ちゃん、夏休みの予定はあるの?」

「えっと・・・、ない、かな・・・」


立ち上がり、申し訳ないように真子に答える


「そうなの?もし暇な日があったら、連絡してもいい?」

「う、うん・・・」


美登里がなんというか分からないが、真子の申し出は素直に嬉しい


「ありがとう。じゃあ、帰りましょうか?」



< 51/ 361 >