ケータイ小説 野いちご

花よりも美しく

泣いてはいけない



浴室に広がる、甘く可愛らしい桃の香り

湯船もほのかに桃色に染まり、手を入れれば、自分の手も桃色に染まっているかのように見える

いつまでも見ていたい

けれど、それが叶わないことを、彼女──


園村 月子は知っている


逃げ出したい

こんな所にいたくない

泣きたくなったが、月子は必死に涙をこらえた

泣いてはいけない

自分は泣く立場ではない


「出なきゃ・・・」


桃色の湯船から手を出して、月子は甘い桃の香りがする浴室を出た



< 1/ 361 >