ケータイ小説 野いちご

crystal love

母国へ

 



フワフワする……



お酒に弱い事もあって
顔がほてってる・・・


今日は飲み過ぎたかもしれない


だって、こんなに


眠いんだもん。



鍵穴に、キーをさしてドアにもたれ、下りてくるまぶたを開けようと、躍起になる。


ここまで帰ってきて
こんなところで
寝るわけにいかない



「遅かったな。ディオナ。
デートでもしてた?」


不意に、すっかり聞き慣れた声が、背後頭上より降り注いできて、声の主を見る。

・・・なんで
ジェイドがいるわけ?


そんな思考もする気力がないのか、私の口は勝手に言葉を紡ぐ。

「違うわよ。ボスとロバートと食事してただけ。」

「随分、顔が赤い。
だいぶ、飲んだのか?」

尋ねながら、差し込んだままのキーを彼は開け、当たり前のように、私を伴い室内に入る。

「ほら、鍵、直して。」

私の掌に、鍵をのせ、彼はいう。
促されるまま、定位置にしまい、壁にもたれ立った。

「ところで、何故、ここに貴方がいるの?
約束の拘束時間は過ぎてるわ。」

何とか、生活圏に戻れば、じわじわと、ここに彼がいる疑問が沸いて来た。

「俺、待ってたんだけどな。ここで。」

 

< 59/ 170 >