ケータイ小説 野いちご

秘密の★オトナのお勉強①

≪オトナのお勉強★1≫
02★__人気俳優と新人マネ




「なななんで…貞永がここに!?」




これはドッキリですか?とでも聞きたくなるくらいの偶然。


あたしは久しぶりの貞永に戸惑っていた。



サラサラの金髪の髪の毛に、

あたしより断然高い身長。

キリッとしている整えられた眉は、あたしと付き合っていた時とまったく同じ。


なんだか、青春時代に戻ったみたい。




「テンパリすぎだろ。忘れたのか?俺は俳優なんだって事」



「…忘れてなんかいません!」




挑発的な貞永の笑みに、あたしは思わず反抗してしまう。


キッ…!と貞永を睨み付けると、あたしはくるっと身体の向きを変えた。




.

< 29/ 416 >