ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

秘密の★オトナのお勉強①

≪オトナのお勉強★2≫
02★__野獣系と乙女系




「きゃっ…!」




貞永に引っ張られるがままに楽屋に連れ戻されたあたしは、ドン…!という音と共に床に押し倒される。


ヒンヤリとした床が、今の現状をより一層リアルにさせた。




「さ…貞永…?」



「黙れ」




冷たい言葉を発し続ける貞永は、いつの間にかあたしの身体に跨っている。


スタートラインの撮影の為に金髪から黒に染め直した髪の毛が、あたしの頬に付くくらいに距離を縮めた貞永は、低く少し掠れた声で呟いた。




「…今のヤツ、佐田蘭のマネージャーか?」



「そ…そうだけど…」



「確か、アイツってお前の友達だったよな?佐田冬馬だっけ?」




…よく理解出来ない。

なんで貞永が冬馬について聞いてくるの…?




.

< 123/ 416 >