ケータイ小説 野いちご

波乱LOVE■番外編■~俺様悪魔の命令に背いた場合~

コーチ




大雅と何もないまま2日が過ぎた。




「おはよう!久保田!こないだはいきなり走って逃げるからびっくりしたやんけ~」



「あああああ、すいません」



廊下ですれ違ったコーチが話しかけてきた。




「杏奈、山本コーチといい感じなん?」


「ありえんっちゅうねん!!」



綾加の肩に突っ込みを入れつつ、振り返ってコーチを見た。



「久保田って言ったよな?あのコーチ、私の名前なんか覚えてへんで」



「ほんまや。1年の名前なんて全然覚えてへんで。なんで杏奈の名前だけ覚えてるん?」


「あやしい~!!もしかして、杏奈ってお気に入りなんちゃん?」



彩加と亜里沙と亜子は、超テンション高く、私の周りで飛び跳ねる。



元気のない私を元気付けようとしてくれてんやな。



「それはありえんけど、みんな心配かけてごめんやで」


謝る私に……



「杏奈らしくない!!」



亜子は私のスカートをめくって逃げた。



「こら~!!待ち~や」



追いかける。



小学生みたいな私達4人だけど、かけがえのない友達や。



大雅のことも乗り越えられる…… はず。



もう忘れるのがええんやと思う。



だって、いらんって言われたし。










< 14/ 44 >