ケータイ小説 野いちご

秘密の生徒会探偵団☆

ファイル2☆本格捜査
見えてきた秋野さらの素顔



「ちくしょー……あると思ったんだけどなぁ……」


「無いものは無いんだからしょうがないでしょ?」




そう言って手当たり次第にアルバムをめくっていたあたしと陵はその手を休めた。




「遠藤冬香……ぜってー逃がしてたまるか……っ」



悔しそうに拳を握る陵はアルバムを本棚に戻す。






幼少期からの写真。


そこに載っていたのはほとんどさらちゃん1人の写真だった。





「双子でもない年の離れた兄弟……でも繋がってる血は片親。


そのせいで似ているところを見つけるのは、難しいと思っていたけど……」




まさかここまでビンゴがないなんて……


いや、ビンゴどころかリーチすらない……っていうかかすりもしないっ!!





「年の離れた人が写っているとしたら大抵ここの秋野夫妻かきょうこさ……」





不意に陵の口の動きが止まった。





















「きょうこさんはまだ俺たちがここまで知ってることを知らない!!


まだ、可能性はあるぞ!!」




< 184/ 471 >