ケータイ小説 野いちご

Dear 最愛の君へ

友達に




「―――あ。」


今はやっと朝の授業が終わり、唯一の楽しみと言っても過言でもないランチタイムも終え、しぶしぶ次の授業の教科書を出す為、鞄の中を隈なく探すが、なぜかいっこうに見つからない。

これはまさか……


「忘れた。」


千嘉子『マジで?ヤバくない?
次数学でしょ?ウラウラじゃんっ!!!?』


ウラウラ…もとい浦西先生は学校一厳しくて頭の堅い先生。

教科書を忘れた日には、その日のターゲットとされ何かと当てられるのだ。


絶対忘れたくなかったのに……と、さっきの楽しかったランチタイムも何処へやら、いきなりテンションダウン。


菜夏『まだ少し時間もあるし、他のクラスに借りに行って来たら?』


「あー…そうする。」


千嘉子『あ、D組あるて聞いたで!!!』


―――ドキッ。


菜夏『D組言うたら……山崎くんのクラスやん。
山崎くんに借りて来たら?
もう時間も少ないし、D組てうちらんクラスからやと1番近いし。』


「まぁ…そやけど……。」


確かに慧がいるD組は、E組のあたしらのクラスからだと階段の通路を挟んで隣。

ちなみに真隣のF組は根っからの文系なので、数学がある日の方が極端に少ない為、数学自体がある確率の方が少ない。


千嘉子『あ、日和がうじうじしてる間にほら、時間ヤバイよ!!!!』


と時計を見ると次の授業まであと10分しかない。


「ヤ、ヤバイ!!!
もうD組行ってくる!!!」


菜夏『ほら、早く行きな。』


千嘉子『行ってらっしゃーい♪』


2人に見送られながら、慧がいるD組に走った。



―――クラスの中心から、真っ直ぐ注がれていた切ない視線に気づく訳もなく………。






< 30/ 32 >