ケータイ小説 野いちご

優しい悪魔−マキコと和夫−

第二章 新学期
1,和 夫


冬休みが終ると、マキコは神戸の下宿先のアパートへ戻ってきた。

カギを回すと開いている。

えっと驚いて、そうっとドアを開けて中を見ると、和夫が“お帰り”と笑った。

マキコは硬直して、つっ立っている。

やっと声が出た。

「あ、あんた、カギ!
なんで? まさか。」

「さーね。」
和夫は笑って、言った。



< 22/ 78 >