ケータイ小説 野いちご

呪いのテディベア 【fin】

いじめてくる人たちに


その日のいじめは、
何故かいつもよりひどかった。

でももしものときは。
ハートの力で怪我を負わせる。

とりあえず
すりキズぐらいのを。

でも。

いじめはどんどんエスカレートしてきた。

リーダー格の人が
はさみとカッターを持ってきて

皆で、私の髪を。

ばさばさばさ。



「いや・・・。
ナンデ私だけこんな・・・・・。」



『復讐したい復讐したい復讐したい
復讐したい復讐したい復讐したい。』



私は。

隠し持ってきたハートの
腕をつかみ、ここに居る全員を呪いながら、

勢い良く。

ぼきゃぼきぼきぼきっ

折った。

「い、やあああああ!!」

「痛い!助けて!だれかっ!!」

「あ、ああ、あああああっ。」

「嫌だ!何で折れるの!?嫌!嫌ぁ!」

私以外の絶叫が心地よく響いた。






< 18/ 57 >