ケータイ小説 野いちご

白いジャージ4 ~先生とlove life~

第1章 -新婚旅行-
グアム到着




ガタガタガタガタ……!!




飛行機が大きく横揺れして、私は先生の手をぎゅっと握った。



まだ眠ったままの先生。


後ろに座っていた小学生くらいの女の子が、怖い怖いと泣き出した。


私も心臓がバクバクして、落ちるんじゃないかと恐怖を感じた。




「シートベルトをお締めください」



緊張感が高まり、私は先生を起こそうと思った。



でも、あまりにも幸せそうな顔をして眠っている先生を見ていると、起こす気にはなれなかった。


大好きな先生の手を握りながら、先生の寝顔を見ていると自然と恐怖心が消えていた。




5分ほどすると、シートベルト着用のサインも消え、穏やかな飛行に戻った。






「はぁ……」




安心して深呼吸をすると、握っていた先生の手が動いた。




「ん~……おはよ。直」



「先生~ さっきまですごい揺れてたんだよ。落ちちゃうかと思って怖かったんだから」




寝ぼけた顔の先生が、首をかしげて、目をこする。



「俺、眠ってた?」



「うん。気持ち良さそうに眠ってた」




先生は、ひとりで怖い想いをさせてごめんねって優しく私の頭を撫でた。







< 41/ 401 >