ケータイ小説 野いちご

最強な男達が愛した彼女

学校での出会い
一緒に帰る……?


舞side


「舞ー!!

一緒に帰ろ?」


うーん…
放課後なにかあった気がする……?


……あっ!!
確かあの昼休みに会った男が
放課後空けとけって言ってたような……?

まぁ
ほんとに来るか分かんないし〜



『うん!!一緒に帰ろ!!』

そして
あたし達は帰ろうと教室のドアに
向かって歩こうとしたら……


「「「キャーー」」」


甲高い女子の悲鳴みたいな声が聞こえた。










.

< 21/ 59 >