ケータイ小説 野いちご

君色の空

退屈な日々

ベッドに横になりながら、薄暗い部屋の天井を、ただ黙って見つめていた。

これからのことを思うと、考えただけでため息が出る。

退屈な日々。

明日はお兄ちゃんにお願いして、『少女コミック』でも買ってもらおうか。

それとも、『ファッション雑誌』にしようか…。

いずれにしても、女の子が読むものを、真っ赤な顔をしてレジに持っていく、お兄ちゃんの姿を想像したら。

思わず笑いがこぼれた。




< 31/ 230 >