ケータイ小説 野いちご

平和祈念作品集

【短編】のぽとアリサ

 それは、残暑が厳しい、ある日のことでした。

「すごいね、これ」

 テレビを見ていたのぽが、アリサに話しかけました。

「え?何が?」

 アリサは、クッキーを作る手を休めて、のぽの方を見ました。

「ビルに、ひこうきがつっこんでるの」

 それを聞いたアリサは、こわばった表情をしました。

「…そうか、今日は11日だったんだね」

 のぽは、カレンダーを見て、言いました。

「うん、きょうは9がつ11にちだよ」

 テレビでは、飛行機がビルに追突する様子が、繰り返し流されています。

「すごいな、これ。えいがにしては、できすぎ」

 のんきにテレビを見ているのぽに向かって、アリサは、こう言いました。

「それ、映画じゃないよ。本当にあったことなんだよ」

「ぴ?」

「そっか、のぽはまだ生まれてなかったんだよね」

「うん、のぽ、うまれたばっかりだから」

 アリサは、クッキーの生地をテーブルに置いたまま、のぽのそばに座りました。


< 17/ 40 >