ケータイ小説 野いちご

吸血鬼の花嫁

第ニ章





「南の国?」


とある日の午後の昼下がり。

ユゼの書斎で、私、ルー、ユゼの三人はお茶をしていた。と、言ってもユゼは真似事なのだけど。


「そう。雪がまったく降らない南の国へ行ってみたくないか?」

「雪の降らない国…」


雪の降らない他の国。

まったくの未知の世界だ。

私には想像すら出来ない。


「興味はあるけど…。でも、どうして急に?」

「ここにいてもあんまり面白くないだろ。だから、旅行でもどうかと思ってさ」


私は横目でユゼを見る。

ユゼは無感動に茶を啜っていた。

構わずルーは話続ける。


「吸血鬼も生まれはこの国じゃなくて、もっと南の方だろ」

「そうだ」

「たまには故郷を見に行ったりしたいだろ」


ルーの誘いにユゼはあまり乗り気ではなさそうだった。


「とうに名も姿も変わっている。知らぬ国は既に故郷ではない」

「それは…」


言葉に詰まる話である。

長生きなユゼのことを知る者は数少ない。この国ですらそうなのだから、離れた故郷でユゼを待つ人はいないのだろう。


「…この国じゃ駄目かしら、貴方の故郷」


ユーゼロードの名から取られたこの国なら、少なくともユゼの名を忘れることはない。

けして、いい思い出ばかりじゃないだろうけど。

だけど、故郷のように大切に思ってくれたら嬉しかった。


「……そうだな」


ユゼは私の顔をしばらく見てから呟く。

その呟きに、私はにっこりと笑った。


「俺だってここが故郷だと思ってるからな」


慌ててルーが話に割り込んでくる。その様子がおかしくて、私はまた笑った。


何もかもが穏やかだ。幸せ、と呼んでもいいのかもしれない。


「ってそうじゃなくて旅行の話だよ、旅行。まだ結界が安定期じゃねぇから、しばらくは無理だけど」

「そうね、いつか…。でも、どこがいいのかしら…」

「そりゃもう、俺のとこでしょ」


突然割り込んだ何者かの声に私とルーはがばりと振り返る。

そこには、笑顔の青年が手を振りながら立っていた。

私とルーは同時に叫ぶ。


「ハーゼオン!?」





< 79/ 155 >