ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • VD2020【お題】

    待ちに待ったバレンタインデー。何度も練習してから作ったマカロンは、友達にも好評だった。
    放課後。私は下駄箱で立ち尽くしていた。鞄の中に一つだけ、残ったマカロン。
    これを田中くんの靴箱に入れるか入れないか、それが問題。
    「ああ~どうしよ…」
    直接渡す度胸がなくて、下駄箱に入れるなんて卑怯かな。迷惑かな。
    でもせっかく作ったから、食べてもらいたいな。よし、入れよう。
    ふー、と深呼吸をして、田中くんの靴箱を開け、マカロンを入れるーー「あれ、早瀬?」
    「たたた田中くん!?」
    「何してんの?」
    尋ねる田中君は笑顔で、私は固まった。まだマカロン手に持ったままだーーよし、このまま逃げよう。
    「何でもないよ!じゃあね!」
    くるりと振り向いて走り出した。
    が、後ろから手を引っ張られつんのめる。
    「待って」
    私の手を握る田中くんは、真剣な面持ちだった。
    「それ、俺用だよね…欲しいんだけど」

    開く閉じる

    • 同級生
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 告白

    「ずっ、ずっと好きでした!コレ…受け取って下さい!」


    震える両手で支えるチョコを、目の前の彼に差し出す。


    全国の恋する乙女の決戦日であるバレンタインの今日、私は好きな人に告白した。


    両想いになれるだなんて思ってない。きっとフラれちゃう。


    でもせっかくのバレンタインに勇気を出そうと頑張って作ったチョコは、スッと私の手を離れた。


    「サンキュー。今日から恋人としてよろしくな」


    「えっ…私を彼女にしてくれるの……?」


    「じゃなかったらチョコ受け取ったりしねぇし。ってかつき合い始め1日目なら、笑顔が見たいんだけど、オレ」


    "まぁ……1日だけじゃなくてずっと笑顔が見たいけど………"


    ポツリと呟かれた言葉と両想いの嬉しさで、私の涙腺は刺激される。


    でも今は彼が見たいと望んでくれた最大級の笑顔も一緒にプレゼントする事に、こちらもとてつもない幸せを感じたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    「ん~…」
    「なに唸ってんの」
    放課後、空き教室。席で一人友達に借りた少女漫画にらめっこしている私を、幼なじみの健が覗き込んできた。
    「いや、恋愛漫画で壁ドンとか顎クイとかってよく出てくるけどさ、ぶっちゃけ現実でやられると引くよなって思って…」
    今更だな、と健は笑う。そして、悪戯を思いついたような顔になった。
    「本当にときめかないかやってみてやろうか?」
    「は?」

    私の顎に当てられた冷たい指。
    上を向かされたと思うと同時に、健の顔が驚くほど近くに来た。それはまるで、少しし動けば唇だって触れ合ってしまいそうなほど。

    「~~~っ、馬鹿、ちかい!!」
    反射的に押し返してしまった。
    心臓がバクバク言っていて、逆上せそうな程熱い。
    「ときめいたか?」
    ニヤニヤする健の顔を、直視できなかった。
    「…うっさい」

    だから私は、気付かなかったのだ。
    健も、耳を真っ赤にさせていたことに。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

吸血鬼の花嫁 (はれはる/著)

  • この作品に出会えて本当に
    よかったって思いました。

    涙をこらえながら読んでました。笑

    それぞれの恋や想い...
    運命や身元の違い...
    いろんなものが交差していて
    胸が掴まれる様な感覚でした。

    人の醜い姿、運命や身元の違いの残酷さ、
    そしてそれを越えられる強さと愛、絆。
    そんなものを学べた様な気がします。

    この物語に出会えてよかった。
    この物語、登場人物たち、そして作者様、はねはる様が生まれてきてくれたこと...
    それから、出会えた運命に心から感謝します。

    ありがとうございました(*´罒`*)


    どうか、ユゼと花嫁が
    幸せな温かい光に包まれて
    安らかに眠れますように。

    ゆうちゃむ.*   2015/02/26 09:31

  • とても感動しました。


    花嫁は死んでしまったのか、生きているのか、生きていたとしてどんな暮らしをしているのか、死んでしまったとしてユゼはその後どうなったのか、とても気になります。
    続編があるなら必ずよみたいと思います。


    でも残念でしたが誤字脱字や、言葉の間違い、表現の不足等が見受けられあまり読みやすくはなかったです。
    なおした方がよいと思います。

    おやつ   2012/10/17 02:23

  • なんか凄くあたたかい気持ちになりました


    2人はずっとどこかで生きているんですね

    atlav   2012/02/08 00:58

  • 切ない、だけど、あったかくて純粋なお話でした。

    さとチャン   2012/02/08 00:20

  • ばとる様、にゃぴ様、☆shii☆様、フィニアン様、榊原透様、素敵な感想をありがとうございました!!
    完結して随分たちましたが、読んでいただけて、とても嬉しいです。
    続編の予定はたっていませんが、いつか書けたらと思います♪

    はれはる   2012/01/02 09:44