ケータイ小説 野いちご

吸血鬼の花嫁

序章


ギイィィ…



重そうな扉が開かれる。

扉の向こうは真っ暗だ。


「レイシャを返して!」

「こんな時間に尋ねてくるなんて、非常識だとおもわねぇのかよ、この野郎っ」


私と少年らしき声が重なった。

そして、二人同時にえ?と首を傾げる。

予想していた反応と違う。


暗闇の中から茶髪の少年が顔を覗かせた。

私よりも少し年下で14、5歳ぐらいである。




< 6/ 155 >